餃子を愛してやみません。
水餃子でなく、焼き餃子です。
焼き餃子の素晴らしいところは、中の具はジューシー、皮はモチっと、焼き目はこんがりと。
この3つの風味が合わさって、美味しさを作り出すところです。
しかも、これといった正解がない味です。
店によって、味が全く異なりますが、その異なった味でも美味しさがあります。
大きい餃子、小さい餃子、それぞれに美味しさがあります。
具も、肉多めのかたいめの具だったり、野菜多めのやわらかめの具だったり、
キャベツ入りだったり、はくさい入りだったりしますが、それぞれに美味しい。
味に正解がありません。
正解がないだけに、いろんな味があって、皆美味しいです。
タレだって、普通に酢醤油もあれば、味噌ダレもあれば、ゆずこしょうだってあります。
ラー油を入れたり、入れなかったりを自分で選べるのも素晴らしいと思います。
そして、これは私が餃子を偏愛し過ぎるからかもしれませんが、
有名店でも、冷凍の餃子でも、スーパーの総菜売り場の餃子でも、それなりに美味しいです。
栄養的にも、肉、野菜、小麦粉、とバランスもいいのでは、と思います。
餃子への愛はつきません。http://www.brownwoodtx.co/kouka-taiken.html